神様のカルテの映画を見にいきました。原作を初めて読んだのが去年の3月。キキが死んだ時だった。
この時、うち自信とっても悲しくって立ち直れるかわかんないってくらい辛かった。
今でも、突発的に思い出す。それは、キキだってジュンだって同じ。もう、いつが最後になるかわからないことがたくさんある。

そうやって、泣きながら飛行機で読んだ本だった。
最近、自分はどんな医者になりたいかって考えていなかった。試験勉強とかに追われて、そして、恋愛でもなんだかさみしい気持ちになって、でもそれって結局将来の自分が見えてない漠然な不安からくるものだったんだと思う。
けど、いま初めて内科をまわって、循環器グループを回ってるけど、、、、やっぱり自分がやりたいのは内科だと思った。
何が、って毎日の患者さんの様子を見ながら、食事食べれてますか?とか聴診器使ってとか、問診とか身体所見とかそういうところから紐解いていくことの興味深さを追求したくなった。

それには、まず、患者さんに会わなきゃいけない。なんだか、休憩時間にクエバン解いてるのなんか違う気がしてきた。もっと実際に動かなきゃ。患者さんと話さなきゃ。カルテもみなきゃ!
勉強はもちろん大事だけど、それはもう本当に本当に当たり前のこと!!!てかポリクリ上がるまでに完璧にしとかなきゃいけない部分だった。今まだ全然足りない。

というか、夏休み前は何度も自分の知識のなさに凹んでたけど。今ビデオ講座を見切ってしまったことに満足してないか?? ビデオ講座全部見切ることが目的じゃないでしょ??
けど、これがなかなか生かせないもの難しいよね。日本のポリクリの問題なのか。でも楽な方へ逃げてる自分もいる気がする。

どうせ医者になったらやるよ。って考え方でいいの??もっと使える医者にならないといけないでしょう。第三内科にいる今。できるかもしれない。8時前まで病棟に残ってて、「偉いね」って言われる。そんな学生でいいの??
ポリクリ楽しようとするの、おかしくない?なんのために医学部に来たのかわからないじゃん。

明日は頑張ろう。というか、寝る間も惜しんで必死に勉強しなきゃ。患者さんは命がかかってる。とっても不安な夜を過ごしているかもしれない。けど、それを背負い込んで私が暗い気持ちになってもいけない。
あぁなんて難しい世界!!!わからない!!!どうしたらいいのか!!!

映画の話は理想だけど、結局私はどうなんだろう。もちろん医者にはなる。けど、あの人の隣にもずっといたい。
私はふさわしい人間かな??10年後も隣にいていいのかな???

そこが多分1番不安なんだと思う。まぁ10年後にならないとわからないけどね。というか、私の頑張り次第でふさわしい人間にはいくらでもなれる気がするよ!