2010年07月

やっちまった。

あぁ。今頃もう京都の実家の布団の中のはずなのに。。。。私はまだ沖縄にいます。

飛行機に乗り遅れました。というか、色々あって、、、、、


あ――――――――――――――――――――――――――――――――――――。もう家に帰れない!!
もう言い訳も何もいえない。。。。
何といっても親というか、お父さんが死ぬほど怒っててしかも夫婦喧嘩も勃発してしまい。もう、帰る場所がありません。

もう少し早く動いていればよかったなあ。
昨日の段階で、伊橋君とも一緒にいればよかった。

16時とか17時にあってご飯食べて→空港

という計画は、経験上無理だろうなぁとは思いつつ信じて待ってたけど。
信じすぎた。18時半になっても連絡が来ないとは。。。。

19時からばっしーに時速120キロで高速を飛ばしてもらったけど。
空港着くと19時30分カウンターの電気はもう消灯。。。。

飛行機の離陸時間:19時30分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

私「神戸行きは離陸しましたか!?」
カウンター「はい!!!もうしましたが!?」

ああこんな感じなんだ。飛行機に乗り遅れるのって。

飛行機は待ってくれません。というか、搭乗手続きが終わる時間ぎりぎりにつくならまだしも。出発時刻に到着する乗客は・・・・もちろん置いていかれます。

航空会社の考慮で色々出費は抑えることができました。

でもそんな問題じゃない!!!!!!!と父親の怒りは収まってません。

ああ。一応、一人暮らしさせてもらってる身。もうどうも何も言えません。

しかも明日は飛行機満席で帰れず。明後日の昼の便になりました。
今度こそ送ってもらわないと。。。帰る家が消滅します。

あさってまでに父親の機嫌が直りますように。
てか、これからの対策考えないとなぁ。

伊橋君に空港送ってもらうのは危険か。今回も私の経験値と防御力が上がっただけみたいですね、

怒れない。てかそもそも終わったこと言ってもしょうがないし。ただ、これからどうしようか。でもさすがに今日はへこんだなあ。


ちゃんとしてくくださいよ・・・・・明日はおとなしく生きよう。

てかタニグとの約束も延期になってしまった。。。あああああああああああ。

理不尽な感じ

あぁなんだか悲しいです。怒ることは嫌いだけど、嫌なことは書きとめないとすぐ忘れてしまうので(笑) 誰も知らないここに書き留めておきたいと思います。

まずは、研修関連の書類について。
全てやりやすいように、例まで付けて引き継いだのに。まったく何も見てないじゃないか。

メールを見たとき驚愕ですよ。USBで持って言ってって書いていたじゃないか。何故確認していない。学部長の名前も。そして一カ月以上前にというか7月上旬にはチェンマイ大学に提出したほうがいいっていうことも。何故知らない?

提出期限に関しては常識じゃないか。隊長だけの責任じゃないのかな・・・隊長が誰にどの仕事を分担するかとかいうのを把握しなければいけないのではないか???安全管理のその前に、研修そのものの公式手続きをしっかりやってください。

一体どれだけの時間を使ってあの文章を作ったと思ってるのか。なんだか、何のために時間を割いたのかわからない。無駄だったと思ったらそれと同じくらいか、それ以上の時間やる気がなくなる。

なんとかしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


はい。終わり。もうこのことは忘れます。言っても仕方がないし。てか、意味がわからない。もういいよ。もう。好きにすればいい。

それでも、また受け入れ関連の文章整理しなきゃだなーーーーーーーーーーーーー。ああ疲れる。


明日から頑張る。彼氏さん連絡ありがとう。
でも、今はちょっと落ち込み気味だから、ちょっとやさしくしてほしいです。

でも言えない。

またね。

また今度

という言葉ほど不確かな言葉はない。

昨日、私が幼いころからのかかりつけの先生が亡くなられました。風邪を引けば、かけこみ。インフルエンザでかけこみ。インフルエンザのワクチンだって売ってもらった。学校健診にも来てくれていた先生。

そしてなにより、私に一番近い、お医者さん。私の中のお医者さんのイメージは、完全にこの先生だ。大病院とは違う、ちょっと安心できる小さな町医者。たまにちょっと怒ってくれる先生。お母さんも昔から、糖尿病のかかりつけ医としてお世話になっているせいか、家族ぐるみでお世話になっていました。

今年の4月まで診療を続けてたって、すごいなぁ。80歳を超えても医者。

私が医者になるきっかけになったと言っても過言ではないですね。忘れそうでした。でもこんなことで思い出すなんて、ちょっと悲しすぎる。

先生に、医学部に合格してから会いに行けてなかったなぁ。今度行こう、今度行こう、というか、ちゃんと一人前になったら行こうって思ってたのに。
先生がとても賢い人だと知っていたから、なんだか恐れ多くて、医学生の身分で会いに行く勇気がでなかった。

合格が決まった時、籠いっぱいの飴・お菓子の詰め合わせをくれたのに。それのお礼もちゃんと言えてないよ!

「人間を診る医者になってください」

先生にかけてもらった激励の言葉。これは消えることのない、私の医者としてのポリシーになる。本当に本当に当たり前のことだけど、一番大切なことだと思います。

今になって思う。先生と直接医療について話したかったなぁ。将来について、相談したかったなぁ。

先生に、ちゃんと会いに行けばよかったなぁ。後悔は消えないな。こればかりは。前に学んだはずなのに。どうして、また忘れちゃうかなぁ。

また今度は、もしかしたらないかもしれないこと。忘れてはいけない。大切な人がそばにいてくれることは、ほんとにすごすぎる奇跡だ。


先生、私はちゃんとした一人前の医者になれるようにこれからもしっかり勉強します。いつかまた、会えるのでしょうか。

先生聞こえていますか。

今までありがとうございました。そしてお疲れ様です。


そばにいる大好きな人をもっと大事にしよう。そしてこれから出会う人々を大切にしよう。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ