お久しぶり?
過去の分も少し更新しましょう。

さて、早くも2008年も10月になってしまいました。
夏休みもやっっっっっと終わり、月曜から金曜日まで学校です。
嬉しい。

私、昔から学校大好きなんです。まぁこれは、今まで自分が
育ってきた環境が本間に最高やったから言えることやけど。

今も、学校が好きで好きでしょうがないです。
勉強は、まだうまくできてないけどなあ。

昨日から色々実習も始り、本格的に勉強しないと、
すべてが将来に直結する。。からね。
この勉強ができることを感謝しなければ。


最近思うことは、「予習」の大切さ。
まぁ、勉強は、もちろんのことやけど、
今言いたいのは、学校でする勉強のことではなくて、
社会的な勉強のこと。例えば、旅行に行く時のこととか、
部活で言うなら、研修に行く時に関して。

今年の夏休みは1か月かけてヨーロッパを回ってみたものの、
中途半端な知識しかなく、、まぁ人並み以上にはあるかと思うけど、
そんなん知れてるし。
特に、アウシュビッツに関しては、勉強していったものの、全然足りなかった
と思う。

「まっさらな気持ちで、ありのままを受け止めて感じたい。」
なんて、研修の目的に挙げてるなら、バカか。と思う。
実際、去年の自分はそうだったかもしれない。
でも、何も知らずに、その国を訪れ、見た物だけで判断するのは
危険かと思う。
実際その場所が背負っている歴史、今は隠れてしまって簡単には
見ることができなくなっていたら??
まったく誤解して、満足した気になって帰ってくることになる。
そんなのって意味ないんじゃないかと。

私は、思うね。
その点、今回んも夏のアウシュビッツは、悔しいくらい、まだまだ
足りなかった。
想像してたのと全然違う。私は、アウシュビッツは、人体実験が行われていた。
その部分をピックアップしすぎていた。
その非人道的な過去があるのも事実だった。
けど、実際、あの広大なアウシュビッツの敷地の中で、ただ殺されてしまった
人々、何百万人。
人間の心の弱さが作り出してしまった、史上最悪の負の過去。

解放され、残された遺品の展示物、もう、怖いとしか思えない。
ほんの60年前の出来事、信じられないです。

自分は努力してると思っているのに、うまくいかず、そんな時に
自分よりも、弱いと思っている人が功績をあげてしまったら、
自分が手にしたくてもできなかったものが、その誰かには
簡単に手に入ってしまった、ように見えたら、、
どうしようもない不安に襲われるのか、そこが人間の弱さで、
信じられない行動に出てしまう。らしい。

物質的な、富とか幸福とかがほしい人間はそうなのか。それとも、
愛情に欠けているのか。飢えているのか。

人間は、絶対誰かからは必要にされているという事実が1番幸せ
だと思うけどな。
親からの愛情にしても、好きな人からの愛情にしても。友達からの愛情にしても、
「好き」という感情は触れないし、どうも誤解を生みやすいし、
不安になることもあるけど、やっぱり、誰かのために生きるということは
その分自分は輝けると思う。
私は、自分のために頑張るのじゃなくて、好きな人のために頑張りたい。
それが自分の幸せでもある。
そうしているうちは、大きな大きな強さを持てている。と思うけどな。
そんな、人と比べようがない自身とか、強さとか、持てていて、そういうものだ
とみんなが理解できたら、もっと平和になるのにな。と思う。

でも人間ってどうしても比べてくなるから、
「あの人の方が、」とか「あの人よりも、」とか、
分母が、単位が違う!っていうのにね。

そんなことを、考えました。
アウシュビッツに行って。
もう1度行こうと思う。もっと勉強して。