記事が消えてしまった・・・・けど、このことは書き留めなきゃって思ったから、意地でももう一度書きます。

今日で小児科のポリクリが終わりました。うちの患者さんはどんどん元気になっている。先月は生死の境目をさまよったというのに。今は日に日に驚くほど回復している。
自分はやっぱり“呼ばない”人間なのかもしれないって思ってしまった。頑張っているのは本人なのに。

小児科っていいなってすごく思った。小児血液って魅力的だなって思った。

けど、今日の帰り麻酔科をまわっている友人から衝撃的な話を聞いた。
昨日の夜中、小児科からドクターコールがあって、麻酔の先生が呼ばれたらしい。
緊急事態。けど、残念なことに患者さんは亡くなってしまった。

今日の回診の時、彼の名前が出ないのがとても不思議に思った。
昨日準無菌室から、無菌室に移動していたから状態が良くないってのは感じていたのに。。。。
レポート印刷のために回診長引かないか焦っていた自分が恥ずかしい。

K君は亡くなってしまった。医学部志望だったそう。そんなことも聞いていたから余計胸が痛い。
一度も話せなかった。ずっと寝ている姿しか見ることはできなかった。
こんなにも、血液の腫瘍って、人間よりも強いのか。負けてしまうのか。
18歳では間に合わなかったのか。

昨日までの病室のことがよみがえる。K君の姿。
しっかり向き合えていなかった気がする。元気なうちの患者さんや、しのちゃんのことばかり考えていた。

今でも、小児血液は命に関わる重い病気と出会うばなのだ。それを一瞬忘れていた。

頑張っても勝てないことがある。
こんなときに思い出す“不謹慎”という言葉。彼を思う人々は今どんな気持ちでいるのだろう。
彼はいったいどうしたかったのだろう。

それなのに、自分は今日でさえ、新しいPCに浮かれて、単純な人間関係のこじれに不満を言ったりしている。
これでいいのか??
自分は何のためにいまこうして生きているのか??
しっかり見直さなきゃ。

自分にできることを精一杯やらなければいけない。勉強だ。勉強。世の中、行動することは全て勉強につながるのだ。人のために人のためにやっていることでも、全て自分のためにもなっている。
それが大前提。何のために医学部に来たのか?これでいいのか??
自分に問い続けなければいけない。

生半可な気持ちで医師にはなれない。生半可な気持ちで医学生をやってはいけない。
そう思った。

もっと救える治療法はないのかな?うちにも見つけられるかな。

今日はこんな悲しいことがあった。けど、うちのきっかけにもなった。
彼の死は、少なからずうちに影響を与えた。
そして、うちは続けなければいけない。生きることを。努力することを続けなければいけない。
それができる立場にあるのだから。

最近、何とかして省エネで乗り越えようとか、ポリクリを抜けようとか、する人が嫌。
何のために医学部に来たのか??
勉強するために医学部に来たんじゃないのか??
テストが嫌い?追試で受かればいい??
そんな甘い考えで生きていいない方がいいよ。

自分がどれだけ幸せか自覚して、自分がどれだけがんばらなきゃ“いけない”のか、気付いて欲しい。
うちも、こうは言うけど。ちょっと怠けたときにとんでもない罪悪感につぶされそうになる。
そんなことはないように。頑張る。

今日はなんだか、考える日だった。

私は医学生なのだから。もっと出来ることがたくさんあるはず。

血液内科への気持ちがさらに強くなった。